楽天カードマンでお馴染みのテレビCMでも見たことがある人は多いと思いますが、楽天カードは男女問わず幅広い年齢層で、とても人気のあるクレジットカードです。

s-IMG_4447.jpg

楽天カードの特徴といえば、何と言ってもネットショッピングでも街で買い物をした時でも、楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まるところでしょう。

そのため、ネットショッピングをよく利用する人には特にオススメのクレジットカードといえます。そして何より嬉しいのが、年会費が永年無料というところ。

とりあえず作っておいて必要な時がきたら使うということも出来るわけです。年会費がかかるカードを使用しないのにずっと持っているのは、ムダになり、もったいないことですからね。

その点楽天カードにはそういう心配が要らないことになります。そして海外旅行傷害保険付きということから、海外旅行にも一緒に持っていけるという便利さもあります。

国内だけではなく海外でも使用出来るということは、とても嬉しいことですね。そして、楽天カードの一番の魅力は何といっても楽天市場で買い物をしたときのポイントです。

楽天市場での買い物については、何と!スーパーポイントが2倍になるんです。楽天市場は何でもそろっていますし、買い物をすることが多い人はたくさんいると思います。

楽天市場では、買い物をするたびにポイントが貯まっているわけですが、この楽天カードを持つことにより、その貯まり方が倍になるということなのです。これは見逃せません。

そのため、早くたくさんの楽天ポイントを貯めたいという人には最適なカードと言えるでしょう。楽天カードを利用することにより、楽天市場での買い物がより楽しくなりますね。

クレジットカードは、商品購入やサービス等の支払手段の一つですが、現在では、学生でも発行できる学生カードなどあるように、クレジットカードを所有してる人はかなり多くなっています。

クレジットカードを利用するシーンはいろいろありますが、金額が大きいものを購入するときなど、分割の支払いも可能なわけだし、利用する人は多いと思います。

ただ、大きな買い物の時だけカードを使うというのは、正直非常にもったいない話なんです。クレジットカードは、効率的にマイルを貯めたり、お得にポイントを貯めるのが賢い使い方です。

shinsanokijun02.jpg

すでに、クレジットカード持っている人は、一度どのようなアクションでポイントが貯まるのか今一度確認してはどうでしょう。例えば、所有してるクレジットカードでは、公共料金や携帯電話の支払いでポイントが貯まるようになっていませんか。

もしもポイントが貯まるのであれば、すぐに手続きをして、クレジットカードを通して支払うようにしたほうがいいでしょう。1年間これらの料金をクレジットカードから支払うだけで数百ポイント、時には千単位のポイントが貯まることもありますからね。

また、ETCや電子マネーがつけられるクレジットカードであれば、それらの機能を搭載するのもかなりお得です。電子マネーをつけられればコンビニなどの支払いもキャッシュレス、しかもポイントが貯められるので毎日お得のチャンスが広がりますよ。

最後に、クレジットカードによっては、特定の店舗を利用することでポイントが増えるものもあります。クレジットカードを選ぶ段階で、よく利用するお店やサービスでお得になるクレジットカードがないか事前にチェックしてみてることをオススメします。

クレジットカードを発券するときは、必ずカード会社の審査があります。カード会社によって審査の項目や方法は若干違ってきますが、それぞれの審査基準にそって行われています。

ですので、当然ながら、カード審査に通りやすいカード会社もあるわけです。

shinsanokijun01.jpg

クレジットカードの審査の基準を知りたいと思いませんか??クレジットカードの審査基準を知っていれば、どのクレジットカードを作ろうかどうかの判断ができますからね。

確かに、始めから発行してくれそうなクレジットカードを選ぶことができれば、無駄な労力はかからないし、審査に通らず落ちることもありませんからね。そこで、参考までに一般的なクレジットカードの審査とはどのようなものかを少しお話したいと思います。

審査をする項目はクレジットカード会社によっていろいろとありますが、もっとも重要視される項目が、すでにローンやクレジットなどの借金をしているか、また、どれくらいの借金をしているかで、どこのカード会社でも審査基準のひとつになります。

当然ながら、借り入れが多ければ、クレジットカードを発行しても支払いをきちんとできるかどうか、カード会社としても信用することはできませんからね。あとは、収入がどれくらいあるかも重要視されます。カードの種類によっては、勤続年数なども問題になってきます。

収入が無ければもちろん、クレジットカードを持つのことは難しいですし、ゴールドカードなどにもなると、一般カードに比べもっと審査基準は厳しくなってきます。たとえば、勤続年数は5年以上で、年収は500万以上など、審査では年収も基準のひとつとなるわけです。